らく動物病院 各種予防処置・去勢避妊手術・ペットホテル・トリミング
photo
フィラリア症
犬のフィラリア症
フィラリア症とは、犬糸状虫という虫が心臓や心臓周辺の血管に寄生します。感染率は高く、室内犬でも十分感染が成立します。心臓に寄生してからの駆虫(虫をやっつけること)は、麻酔をかけて心臓から虫を取り出す外科手術か、お薬で虫を殺してしまう化学療法がありますが、いずれの治療もリスクがあります(命にかかわる場合も…)。駆虫しない場合は、保存療法(犬糸状虫の寿命まで共存する)を行い、虫の寿命(6~7年といわれる)まで治療が続きます。
こちらも場合によっては死んだ虫体が血管内に詰まり、命にかかわることもあります。
どの治療も、わんちゃんの状態によっては十分に行なえない場合もありますので、予防が非常に大切です。


どうやって感染するのですか?

感染しているワンちゃんの血管内にたくさんの子虫(ミクロフィラリアといいます)がいます。蚊が血といっしょにその子虫を吸い込み運んでいきます。その蚊が再び違うワンちゃんの血を吸うときにその子虫が体内に侵入するのです。侵入した子虫は皮下組織・筋肉内で成長し、2~3ヶ月位で血管内に進入し、心臓にたどり着きます。体内に侵入して約6ヶ月経過すると成虫となって子虫を生み出します。子虫はさらに全身の血管内で血液の中を流れながら次の蚊に吸われる時を待ちます。(フィラリアは蚊の体内を通過しないと成虫にはなれません)


どんな症状がでますか

フィラリアは心臓に寄生して心臓の働きを妨げます。簡単に言うと、心臓のポンプの機能を低下させ心臓病と同様な症状を起こします。また、フィラリア自体の分泌物・排泄物も原因になり、より複雑な症状がでます。

・咳をするようになります。ちょっと歩いただけで息が苦しくなったり、座り込むことが
 増えます。                

・心臓のポンプの機能が落ちて血液がうっ血するので、胸やお腹に水がたまります。

・突然おこる急性症状(ベナケバシンドローム)を発症すると、急激な循環不全による虚脱、
 血色素尿などがみられ、早急に治療(成虫の駆除)を行なわなければ、速やかに死に至り
 ます。


フィラリアはどうやって予防するのですか

フィラリアは予防が一番です。よく聞く言葉ですが、本当は一部ウソです。
予防していただいているワンちゃんは5月~12月まで薬を飲ませていただいていると思います。このお薬は蚊に刺されて体内に侵入した子虫を心臓にたどり着く前に死滅させるものです。つまり、厳密に言えば、一度感染した子虫を殺す薬(駆虫薬)であり、予防をしているのではありません。つまり、「万が一フィラリアに感染していても、薬を飲んで子虫を駆除する」ということになります。そういう意味では予防をしていないので一部ウソとなります。ただし、便宜上ここでは予防薬と呼ばせていただいています。
現時点で薬を毎月確実に飲ませることが大切です。期間に関しても厳密に言えば、蚊を見かけてから飲ませ始め、蚊がいなくなって最後に飲むことが最良です。目安として5月~12月としています。地域、その年の気温により変わることもあります。


フィラリアの検査って何ですか

フィラリアの予防薬を飲ませていただく前に必ず検査をしていただきます。これは予防薬ではなく駆虫薬であるためです(前項参照)。万が一、12月に予防薬を飲ませた後、子虫を持った蚊に刺されていたら・・・、翌年の5月の間に成虫になり、子虫を産み始める時期になっています。子虫がいるときに駆虫薬をあげてしまうことになり、子虫がいっせいに死んでしまうため虫体・毒素によりワンちゃんの命を脅かすことがあります。せっかくの予防していただくのですから、万が一もあってはなりません。なので必ず毎年3月~5月に血液検査を行ってから予防薬を飲ませるようにしてください。
当院ではフィラリア検査のみ行うものの他に、一度の採血で一般血液検査を同時に行うことも行っておりますのでお尋ねください。




ネコのフィラリア症
最近になってこのフィラリア(犬糸状虫)は犬だけではなく、猫にも寄生し大きな脅威を与えていることが解ってきました。そして、猫の場合は犬と異なり主に肺に障害を起こすといわれています。フィラリアは蚊により感染するのでフィラリア症は蚊の多い日本では犬にとって、もっとも重要な病気の一つです。
フィラリア感染の多い日本で今まで猫で注目されなかったのは、
診断法が難しく発見が困難なためだと考えられています。
フィラリアは猫の体内で心臓や肺の血管内に住み、血の中の栄養分を吸収して生きています。

フィラリアの成虫が、心臓や肺の血管内に寄生すると、血液のめぐりが悪くなり、心臓や肺、肝臓に障害を起こします。また、わずか2匹のフィラリアが寄生するだけで突然死が起こった報告もあります。
何らかの症状が出てきたときには、すでにフィラリアは猫の体をむしばんでいてフィラリア症で突然死することがあります。もし、症状が出てくる場合には次のようなものがあります。


 しつこい咳、呼吸困難、嘔吐、うつ状態、疲労、元気消失

猫のフィラリア症の診断は難しく、たとえ診断できても現在はよい治療法はありません。
予防は蚊に刺されないことですが、ふつうの生活で全く蚊に刺されないことは困難です。予防薬でフィラリア症から猫を守ってあげることができます。
猫用のフィラリア予防薬(ノミ予防薬のスポットタイプ)を、月1回、5月から12月まで首元に滴下するだけです。
ワンちゃんでは3~5月に検査が必要ですが、現在
基本的にはネコちゃんには検査は必要ないとされています。
これは薬が幼虫(ミクロフィラリア)を駆虫(虫をやっつける)する薬のためです。ネコちゃんではフィラリアが成虫まで発育しづらく、成長しても本来の寄生対象ではないため免疫作用で不妊状態なると考えられています。血液中にミクロフィラリアがほとんどでないと考えられているので、薬をつけても問題が出ることはないからです。
*「ほとんど」が気になる方は検査センターに依頼することもできます。



らく動物病院ホーム | 病院案内 | 診療内容 | 診療時間・地図
東久留米市 らく動物病院 各種予防処置・去勢避妊手術・ペットドック・ペットホテル・トリミング・往診